刺青を消す事はできるのか

###Site Name###

結果から言うと、消す事はできます。結婚式でドレスを着たいという方や、若い頃軽い気持ちで入れたが社会人になり恥ずかしいからなど、様々な理由で消したいと考える方がいると思います。

ただ1度肌に入れてしまうと完全に元のように綺麗な状態に戻すのは難しいです。

ほとんどの場合跡や傷が残ります。
さらに料金が入れた時と比べて何十倍も高くなります。
それを考えると入れる時はよく考えなければなりません。



簡単に消せると思って軽い気持ちで刺青を入れてしまうと、後で必ず後悔するからです。

ですが入れてしまった方は仕方がありません。
そういう方は消すにはどういう方法があるのか、またどのくらい料金が必要なのか調べて、自分に一番合った解決方法を探すことが大切です。

刺青を消す方法は大きく分けてレーザー治療と切開手術の2つの方法があります。
まず1番一般的な治療方のレーザーの場合ですが、はっきり言って完全に刺青を消す事ができない場合が多いです。

NAVERまとめを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

この治療はレーザーを刺青に当てる事で皮膚の下の染料を細かく砕き、新陳代謝によって体外に排出させる治療です。

この方法だと傷は残りませんが、体質によってはレーザーを当てた部分が白くなり跡が残ってしまう事があります。

また1度の照射で消える事はなく、1つ治療するのに5回から10回の照射が必要になります。

その為1つの刺青を消すのに小さいものでも10万から20万もかかってしまいます。

次に切除手術についてですが、レーザー治療と比べて料金が安く大きなものでなければ1度の手術で終わります。

しかし、傷が必ずと言っていいほど残る大きなデメリットがあります。

刺青を消す情報をご紹介いたします。

どちらの方法もデメリットが大きいので、特別な理由がない限り軽い気持ちで入れない事をお勧めします。